手汗は精神制発汗だがメンタルトレーニングは効果がな

手汗は精神性発汗だがメンタルトレーニングは効果がない

人より手汗が多くでてしまう。
手汗が気になる方は手掌多汗症と言ってもいいでしょう。
この記事では汗の種類から手掌多汗症の原因、精神性発汗について説明していきます。

 

汗の種類

汗は体の体温調節をする為の人間には必要不可欠なものです。
運動などをして、体温が高くなったときには汗を出して気化熱を奪うことで、体温を下げ一定の温度にとどめようとします。

 

この指令を出しているのが脳で、
精髄を通り交感神経を通じて汗を出す汗腺に届き汗がでる仕組みになっているわけです。
体温調整で出る汗のことを『温熱性発汗』といいます。
緊張した時などに出る汗は『精神性発汗』といいます。

 

温熱性発汗と精神性発汗は違い

体を動かした時に、全身に汗をかきますが、
その時は不思議とてのひらや足の裏には汗をあまりかきません。
『温熱性発汗』

 

一方、緊張する時、驚いた時、などは手のひらや足の裏、額などに汗をかくことが多いです。
『精神性発汗』

 

 

汗を出す命令をしているのが、交換神経ですその、対になって自律神経を構成しているのが、副交感神経です。

 

主に寝ている時は副交感神経、起きている時は交感神経この2つ神経のバランスがとりながら体の中で働いています。

 

手汗の手掌多汗症の原因は、
交感神経の反応が一般の一人より強く、
常に汗をかくように命令されているからです。

 

 

手のひら、足の裏などに多く汗をかく人は温熱性発汗ではなく精神性発汗というわけです。

 

 

手汗は精神性発汗で起こる汗の異常になります。
手のひらと足の裏にだけに集中して汗をかく手掌多汗症は手掌足蹠多汗症(しょしょうそくせきたかんしょう)と言います。
現在ではこれといった原因はわかっていません

 

精神性発汗と聞くと、
なにか精神の病気だと思ってしまいますが、
精神的な病気ではありません

 

精神に問題があるのではなく、
先ほども言いましたが自律神経のうちの交感神経の反応が強い為です。

 

精神面をメンタル鍛えたら治る

手掌多汗症は精神的な問題だから、
精神面を鍛えたら手汗が抑えられるなど言いますがそんなこはありません。
精神面を鍛えたからといって交感神経の反応を弱くすることはないからです。

 

 

緊張したりするときは、手汗の量が多くなりますが、精神的に落ち着いていても手汗でます。
まだ小さい自我が確立する前から手汗、足汗に悩む方が多いそうです。